PA-200のUSBポートをおそらく最もクールな方法で使ってみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フロントパネル

PA-200のフロントパネルは

何故かUSBポートがついていて、メーカー公式情報を見ると、「1 USB port for future use.」となっています。

折角、PA-200を個人利用するならこのUSBポートもちゃんと使ってみましょう。

当然ですが私物のPA-200を使ってやってみてください

スポンサーリンク

実際やってみた

世の中、USB給電の製品がとっても多いです。

なのでこんな風に使ってみるのはいかがでしょうか。

PA-200-USB

※画像では、PA-220のUSBポートを使っていますが、PA-200でも同じことが可能です。

モバイルバッテリーは、下記のような製品で、USB給電タイプのものを接続しています。

エレコム モバイルバッテリー 充電器 6400mAh 2.6A出力 おまかせ充電対応 ホワイト DE-M01L-6400WH
■スリム設計でカバンなどの隙間に入れやすく、持ち運びに便利なコンパクトタイプのスマートフォン用モバイルバッテリーです。 ■USBポートに搭載した高性能ICが接続機器を自動で見分けて最適な出力で最速に充電できる「おまかせ充電」に対応しています。 ■モバイルバッテリー本体を約3時間40分で充電でき、チャージ時間を大幅に短縮...

給電は一本で、そこから2本、iPhoneの充電ケーブルを伸ばしてるので、これで2台のiPhoneを同時に充電できます。

PA-200もPA-220も小型の機種でファンの音がうるさいということも一切ありませんので、自分の机の上において、USB給電できる機器を繋いでも全然いいわけです。

PA-200は2018年10月31日に販売終了(EOL)になったため正規では販売していませんが、中古では入手可能です。

ヤフオク!などで、PA-200を検索してみてください

スポンサーリンク

PA-220について補足

PA-220についてはこちらの記事でも記載しているので合わせてご確認ください

\  無料相談 受け付けます  /
最後までお読みいただきありがとうございます。
是非、ご意見・ご感想や個別のお困りごと等々、ご相談ください。


Paloalto PAシリーズを極める最短ルート

自宅で学習している場合は、ヤフオク!などで中古のPaloaltoファイアウォールを自己学習用に購入しておくことをオススメする。

何故ならセキュリティにおいて、概念としては理解できても、ではそれをどうすれば実装できるのかも同時に習得しておかねれば現場で活躍することはできないだろう。

しかし重要インフラに位置する機会がおおいPaloaltoファイアウォールを安易に操作するのは困難だ。

自宅環境に1台テスト用があればそれらの問題を解決できるだろう。

予算に余裕がある場合はPA220を持っておくことをおススメする。

PA200とPA220では、機能こそ同じだがハードウェア性能が全く異なるのだ。

PA200はとにかく遅いと感じるだろう。この待ち時間が学習意欲をそいでしまうならばPA220だ。

しかしPA200でもできることは同じなので、それで十分ならば安価な方がよいだろう。

PAシリーズを安価にGETする

 

PA-200は2018年10月31日に販売終了(EOL)になったため正規では購入できない。

しかし中古市場には安価に存在しており、入手可能だ。

ヤフオク!などで、PA-200を検索

ネットワークアドミニストレータ必携 オススメ最新コンソールケーブル

コメント

スポンサーリンク